さりげない思いやり

よく行くスーパーにいつもいるレジ係の人。

前はよくおしゃべりしながらレジ打ちをしていた。

やり取りが楽しくて、その人のレジに並ぶことが多くなった。

誰か会社の人にでも言われたのか、最近はしゃべらなくなった。

黙々とレジを打つ。

ただ、前からよく気の付く人だと思っていたけれど、この間びっくりするようなことがあった。


レジ台にかごを乗せて清算を済ませたとき、その人がサービス係を呼んだ。

荷物をお願いします。

と言ってサービス係の人にサッカー台に荷物を運んでもらってくれた。

いつもそんなことしないのに、と思いながら袋詰めしていて、ふと思い当たった。

レジ台にかごを乗せたとき、腰をとんとんたたきながら背筋を伸ばすしぐさをしたんだっけ。


それだけで、このお客さんは腰が痛いんだ、と判断し、荷物を運んでくれたのだ。

神。

お客さんの様子をよく見ている人だなぁと思った。

そして、さりげない思いやり。


この人のレジがどんなに混んでいても、私はそこに並ぶ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック