プチ捨離

図書館から予約の本が来たとのお知らせ。
いつの予約だったか忘れるほど前に頼んだ本だ。
そういえば新聞に載っていてちょっと興味を持ったのだったっけ。

読んでみたらちょっとがっかりした。
一人暮らしの女性が自分のお気に入りのものに囲まれて暮らす様を、赤裸々に書いているもの。
自分の住む家の間取りから、持っている衣服、食器類、家具などの種類や数。
給料から生活費の内訳まで。

私と根本的に違うのはやはり一人暮らしという点。
私も一人ならこんな暮らしをしたかもしれない、と思いつつ、うらやましくもなく、気の毒でもなく。
本当に他人事でしかなかった。
少しのお気に入りしか持たないとか、これだけの給料でこういうやりくりをしているとか書いてある。
読んでいると、私は冬物のコートなんか1まいしか持っていないけれど、この人は5枚もあるんだ、とか、私は持ったことのないブランドのバッグを持ってるんだとか。
家具もこだわって置けるし、自分のものだけ置けばよいので必要のないものはおく必要がない。
やはり一人だとそういうことも自由だし、お金をかけられるんだなぁと思う。

何か参考になることがあるかと思って読み始めたが、家族のあるなしでは違いすぎる。
断捨離をしたいけれど、自分の「好き」だけを基準にすれば他の人が困るだろう。
他の片付け本を読んでみても一般的なというか、標準的な家庭を想定しているので、例えば「ここにこれをしまっておくと便利です。」とあっても、そこじゃ腰を曲げなきゃとれないだろう、年寄りは腰が痛いんだよ、と突っ込みたくなる。

でも、ちょっとプチ捨離をしてみようかなという気にもなった。
自分の周りだけ。
それもいいかな。
そんな気になったのはこの本のおかげ、
かな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント