テーマ:民宿

北海道の続き ~3~ リンゴは黒い

YHには2・3歳ぐらいの女の子がいた。 ハキハキとしていて、元気な子だった。 Aさんはよく絵本を読んで聞かせていたが、ある日、「おねこ様、見て見て。」と言うので何かと思ったら、女の子が絵本を覚えてしまって、絵を見て文章をそらんじているのだった。 Aさんは嬉しそうに、この位の年の子ってこんなすごいんだね、と言ったが、さすがに独身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の続き~2~ 泥棒先生

ヘルパー達は男女それぞれ部屋があり、ハイシーズンにも、女ヘルは二段ベッドが二つある4人部屋にそのまま居るが、男ヘルは受付の横の4.5畳ばかりの部屋に移動する。 ポロリYHでは、学校の研修なども受け入れている。 何の研修だったのか忘れたけれど、中学生の受け入れをした。 翌日の朝、先生が生徒を前に話しをしている。我々は揃って玄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の続き ~1~

どこまで話したんでしたっけ? そうそう、ホテルを辞めて民宿にも戻れず、YHのヘルパーをして食いつなごうと思ったところまででしたか。 原チャリでYHまで行って、一泊は普通に泊まって、ミーティングの時にさりげなくヘルパーをしたいと申し出てOKを貰ったんですね。 それから、またYHでの生活が始ったのです。 YHの名はポロリYH。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さてこれからどうするべぇ

ホテルを辞めて、私は一旦民宿ほぎほにあんに戻った。 と言っても、ヘルパーとして仕事をするわけでもなく、勿論お客さんとして泊まるわけでもない。 居候になってしまった・・・ しばらくは失業保険を貰って暮らした。 まえにYHにいたとき、ヘルパーと居候とは『格』が違ったことを思い出すと、ちょっぴり惨めな気がした。 それよりも何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

事故の転松~マツ君が転んだ

民宿ほぎほにあんには、車で来る人も多い。そして民宿でもワゴン車で送迎をしているので、何かしら事故というのに縁が切れないものだ。 マツ君の事故は、「おばか大賞」をあげたくなる様な事故だった。 その顛末をお話しよう。 その日、マツ君とその友達は、民宿の部屋で漫画を読んでいた。マツ君たちの部屋は、増築された所で、一階が談話室、2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

働く働く働く

夏の忙しいときに、ほぎほにあんに泊まってる常連が遊びに来た。ねこちゃん元気~?と来てくれるのはいいが人が働いているのに何見てんのよ!と言いたくなる。 暇人たちなので、ホテルの中でゴロゴロしている。 ちょっと前にはこんな生活をしていたのだと思うと、懐かしくもありそしてちょっと寂しくもある。 私はもう、ここで一生を終わるのかな、という…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

働く働く

ホテルで働いていた期間にはさほど面白いことはなかった。 普通に事務員だったから。 それでもホテルならでわのことはあった。 夏には観光客がたくさん来る。ツアーのお客さんが泊まる、昼食休憩がバス2台入る。(前にも経験したような???YHの時もあったよねぇ。) そのために、町の奥さん連中が臨時で雇われてやって来る。 副支配…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

働く

民宿ほぎほにあんは順調に稼動し始めた。 急ぎ足で書いてきたのだが、もっと色々な事があった。そのうち読み返してゆっくり書く事にする。 とにかく私は近くのホテルで働く事になった。 家も借りたし足も確保した。町内会費も払った。水道電気の元栓も開けてもらった。布団は買ったのかどうしたのか記憶にないが、床の間をベッド代わりにしていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ほぎほにあん」始動する

民宿ほぎほにあんがオープンした。バレンタインデーだ。 とーさんはチョットだけ女の子うけするものを考えていたのだろう。 その時のヘルパーは私のほか、ぶんぶんちゃん、ブチブチ。そして少しの間、ブンブンちゃんの妹もお手伝い。 お客さんはほぼ常連の人たち。 我々ヘルパーはやはり寝る場所がないほどだった。子供部屋で寝泊りし、とーさん達…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more